サイトメニュー

躁うつ状態の現れ方

男性

双極性障害は、躁状態とうつ状態が交互に現われる病気です。うつ状態のときは、気分の落ち込みが続きますが、双極性障害ではうつ状態と躁状態が交互に現われます。躁状態のときは、正常な判断力がありませんので、とんでもないことをしてしまいます。

詳しく見る

診断の難しい精神疾患

病院

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気で、うつ病との区別が難しく治療法も異なるため、十分な知識と経験のある医師に診断を受けることが大切です。治療には長い期間がかかるので、通いやすい病院を選びましょう。

詳しく見る

負担の大きい病気

ハート

双極性障害は躁状態とうつ状態をくり返す病気です。この病気は、本人だけでなく患者を抱える家族へのダメージも大きいので、できるだけ早く専門医による治療を受ける事が必要です。治療は薬物治療と心理療法により行われます。

詳しく見る

薬が効果的な精神疾患

手

双極性障害の治療では、初診の検査料金がかかりますが、二回目以降は保険適応で数千円の診察料と薬代で済むことがほとんどです。薬を飲み続けることが大切で、患者の家族は定期的に通院しているか、薬を正しく飲んでいるかをチェックする必要があります。

詳しく見る

落ち込んだり元気だったり

カウンセリング

双極性障害の改善には、治療に臨む意欲を出すことが重要なポイントです。時間が経てば治療意欲が薄れるうえ何を使えば治るかも分からない以上、症状が発覚した段階ですぐに検査を受けましょう。病院で適切なアプローチを受けなければ、改善は遠くなります。

詳しく見る

躁とうつを繰り返す疾患

医者

長期の薬物療法が必要

双極性障害とは昔は躁うつ病という名前で呼ばれていたとおり、躁状態とうつ状態を繰り返す脳の疾患です。躁状態は症状の違いによって?型と?型に分けられます。?型の躁状態の症状は、気分が高揚した状態が続き、眠らなくても元気に活動することができます。また、異常なまでに浪費したり、他人に対して攻撃的な態度を取ったりするなど、周りの人の目には問題行動として映ります。本人に病気だという認識がなく、周りの人間を振り回したあげく、社会的な信用を失うことで、仕事や家庭生活に影響をきたしてしまいます。?型は軽躁状態と呼ばれています。?型は周りの人間が気づくほど変化が大きいのが特徴ですが、?型の症状は本人にとってはただ体調や気分が良い状態なので、周りの人間は変化に気づきにくく、気分の浮き沈みの激しい人だと印象を抱きます。うつ状態の時の症状は、気分の落ち込みや食欲の低下、疲れやすくなるなど、体調や気分の面でエネルギーが低下している状態です。双極性障害はうつ状態が長いのが特徴で、本人にとってはとても苦しくつらい状態で、自ら死を選ぶケースもあります。双極性障害は気分安定薬や抗精神病薬などの治療薬をコントロールすることで、波のある気分を安定させることができます。予防治療を継続して行い、気分の波をコントロールすることが重要で、長期間にわたって薬物療法を行う必要があります。気分安定薬には躁状態の時の高揚した気分やイライラを落ち着ける作用と、うつ状態の低下した気分を上げる作用があります。気分安定薬は再発予防効果も期待できるため、双極性障害の治療には有効とされている薬です。抗精神病薬は統合失調症の治療にも使用されている薬で、鎮静作用があるため、気分安定薬と併用して治療に使われています。また、うつ状態が深刻な場合は一時的に抗うつ薬を使用するケースもあります。不眠などの睡眠障害が出ている場合には、睡眠薬や睡眠導入剤が処方されることもあります。双極性障害は専門の病院に行かずに放置したり、薬の服用を途中で中止したりすると、再発する可能性が高い病気です。再発を繰り返すことで、重症化するリスクもあるため、症状が落ち着いている期間でも薬を飲み続けることが大切です。