薬が効果的な精神疾患|精神的に辛くなったら病院へ【重症化するリスクもある】

サイトメニュー

薬が効果的な精神疾患

手

薬の服用は適切に

双極性障害など、精神疾患の疑いで精神科や心療内科を受診した場合、初診ではカウンセリング以外にも様々な検査を実施する場合があります。検査項目は病院にもよりますが、血液検査や尿検査など、多岐に渡って検査した場合、初診料が5000円から10000円程度かかることがあります。また、MRIやCTを用いて、前頭葉の血流や脳波を調べた場合は、これ以上の検査料金がかかる場合もあります。しかし、検査で症状と病気の種類が断定できた場合、二回目以降の診察ではカウンセリングが中心となるため、診察料が1000円から2000円程度で済むようになります。また、双極性障害の治療では、気分安定薬を処方されることがほとんどですが、海外の特殊な薬を希望しない限り、保険適応で1000円程度の薬代がかかります。一回の医療費は病院によって多少異なりますが、通院頻度や症状の程度によって異なるため、医師の判断に委ねられるところが多いのも特徴です。双極性障害は、薬の効果が高い病気なため、適切な治療を続ければ再発を防ぐことができ、難なく日常生活を送ることが可能です。医療費は病院によって多少異なりますが、病院の雰囲気や医師の人柄など、自分に合った病院を選んで治療を続けることが大切です。うつ病などの精神疾患は、家族や恋人など周囲のサポートの元に治療を続けることが必要不可欠な病気の一つです。特に、患者への接し方が大変重要で、接し方を間違えると病気が重症化して命に関わることもあるため、注意が必要です。周囲の人は、患者と一緒に病気のことを正しく理解して、医師のアドバイスの元に患者に接することが大切です。精神疾患の中でも、双極性障害は、薬を正しく飲み続けることで症状を抑えられる病気として知られています。気分がハイテンションになって、落ち着きがなくなることを防ぐために気分安定薬を服用しますが、これまでにもたくさんの患者で効果が認められています。しかし、注意しなければならないのが、「症状が良くなった」と勝手に判断して患者が薬を止めてしまうことです。双極性障害は、長期的に通院して治療を続け、症状をコントロールする必要があり、決められた薬を決められた頻度で服用することが大切です。そのため、家族は「患者が薬を止めていないか」や「定期的に通院しているか」をさりげなくチェックする必要があります。もし、勝手に治療を止めているようなら、自然な態度で通院を促したり、病院に相談したりすることをおすすめします。