サイトメニュー

診断の難しい精神疾患

病院

長期間の治療が必要

双極性障害は躁うつ病とも呼ばれ、躁状態とうつ状態を周期的に繰り返す病気ですが、根本的な原因はよくわかっていません。躁状態のときは気分が良くて病気とは感じられず、うつ状態のときだけ問題になることが多いので、単なるうつ病と誤診される場合もあります。そのため不適切な抗うつ薬の使用で症状を悪化させてしまう可能性があり注意が必要です。双極性障害の疑いがあったら、経験豊富で詳しい知識のある医師に診断を受けることが大切です。双極性障害を治療するには薬物療法のほかにも認知行動療法などを用いたり、生活習慣の改善を行ったりします。こうした治療法にも精通した病院が望ましいでしょう。また早期に完治させるのは難しく、焦って治そうとするとかえって精神的に不安定になることがあります。長期間の治療が必要なことを覚悟して、少しずつ気分の波を抑えていく努力が求められます。結果的には長いつきあいになるので、できるだけ通いやすい病院や人間的に共感できる医師を探すことが重要です。双極性障害で躁状態が出ているときは、何でもできる気になって無謀な挑戦をしたり、怒りっぽくなって無闇に他人を攻撃したり、性的に放埒な行動を取ったりすることがあります。他人に迷惑をかけるほどであれば、気分安定薬や抗精神病薬を使って症状を抑えます。うつ状態では通常のうつ病と同様に、無気力になったり眠れなくなったり自殺を考えたりするようになります。本人の苦しみが深いときは抗うつ薬を用いることもありますが、気分安定薬や抗精神病薬で対応するのが普通です。いずれにしても使いすぎると状態が反転する可能性があり、見極めが重要になります。双極性障害には1型と2型があり、2型では躁状態がそれほど目立たないため、うつ病との区別が難しいとされています。1型の場合は入院治療が必要になることもありますが、2型では日常生活を続けながら通院治療することが可能です。ただし診断の難しさがあるので、信頼できるメンタルクリニックを選びましょう。また家族や周囲の人々の理解があれば、治療もスムーズに運びます。