躁うつ状態の現れ方|精神的に辛くなったら病院へ【重症化するリスクもある】

サイトメニュー

躁うつ状態の現れ方

男性

躁うつ病の症状

メンタルヘルスに問題を抱えている人が年々増加しています。特に、うつ病を発症する人の増加が深刻な問題となっています。うつ病の症状は、精神面と身体面に現われます。精神面では、抑うつ気分と言われる気分の落ち込みや意欲の低下が見られます。身体面では、眠れないとか寝ている途中で目が覚めるといった睡眠障害や肩こり、腰痛などが現われます。この精神的な症状と身体的な症状が長期的に引き続くことにより、日常生活を普通に送ることもできなくなります。うつ病については、いろいろなパターンがあります。その一つに双極性障害と呼ばれる病気があります。うつ病は、常に身体面、精神面に問題が生じます。一方で、双極性障害は、抑うつ気分などのうつ状態と異常なほどの気分の高揚が交互に現われる症状です。うつ状態と躁状態が交互に現われますので、かつては躁うつ病と言われていました。しかし、躁状態とうつ状態という両極端の症状が現われることから、最近では双極性障害と呼ばれるようになっています。躁状態とうつ状態が交互に現われますので、意外と病気であることに気づかれない場合があります。とりわけ躁状態にある場合は、短い睡眠時間でも活発に活動ができたり、いつもとは違って自信を持って行動したりすることができます。さらに、正常な判断力は欠けていますので、高額な買い物をしてしまったり、仕事においても無謀な契約をしてしまったりすることがあります。うつ病が常に無気力な状況であり続けるのに対して、双極性障害の場合、躁状態においてはとんでもない経済的損害につながったり、人間関係を壊してしまったりしかねません。双極性障害における躁状態の時を、本人も周囲の人間も元気な時期と錯覚してしまいます。異常なほどに頑張りがききますので、睡眠時間が短くても平気ですが、イライラして周囲の人間に怒りをぶつけたりします。双極性障害も、うつ病の一種ですので、その治療には長い時間を要します。再発のリスクもありますので、自分の状況を把握し、自分自身をコントロールするためにも、定期的な通院が必要です。